会員登録がお済みでない方はこちらからご登録ください。ログイン

卸売りのご相談

お電話・FAXでのご注文

このショッピングサイトはSSLで保護されています

当サイトのショッピングページ・会員管理ページはSSLで保護されています

"韓国"訪問レポート「世界キムチ研究所」

「世界キムチ研究所」画像

続いて韓国農協Japan-staffが訪問したのは、2010年1月1日にオープンした韓国・光州広域市南区にある「世界キムチ研究所」。

この研究所は、韓国政府直属の機関、キムチ関連分野の研究開発を総合的に行っています。
国内のキムチ産業を食品産業の代表的な成長動力産業として育成・発展に寄与することを目的に設立されたそうです。

今回、ご案内いただいた、世界キムチ研究所の朴完洙(パク・ワンス)所長※1に研究所の特徴を聞いてみました。

「現在、大学と企業の研究所など25機関でキムチの研究が進められています。 しかしそれぞれ目的も違い、研究内容も違うことから、研究の結果にも様々なデータがありなかなか一つにまとめられないことが多く、そこでキムチ研究所はそれぞれの研究者に大きな方向を提示し、研究の結果を集大成するコントロールタワーの役割を行っています。また、マーケティングや広報・教育など、キムチと関連した情報ハブになるのが重要な目的です。」
「今後は、世界キムチ研究所はキムチ宗主国として多目的機能を実行することができる、キムチのハブ機能を担うキムチサイエンスパーク(science-park)を造成し、キムチのグローバル化のために渾身の努力を傾け、今後の世界的な発酵食品のメッカとして発展させることです。」

※1朴完洙(パク・ワンス)初代所長
米アイオワ大学食品工学で博士学位を取得し、1990年代後半から韓国食品開発研究院でキムチ分野を担当しており、所長に任命される前にも食品研究院のキムチグローバル化戦略団を率いた食品研究のスペシャリストです。
「世界キムチ研究所」画像

見学をしていると、人だかりが。

「世界キムチ研究所」画像

研究所の外を見学していると、たくさんの人々でにぎわっているテントを発見。
こちらでは、キムチのおいしい食べ方や珍しいキムチの作り方などを紹介してもらえる、試食会が行われておりました。

「世界キムチ研究所」画像

「世界キムチ研究所」

(別ウィンドウが開きます)URL
http://www.wikim.re.kr/main/index.php
(※韓国語サイト)