ホーム > 韓国伝統料理 > 参鶏湯(サムゲタン)1kg

参鶏湯(サムゲタン)1kg

参鶏湯(サムゲタン)1kg

商品番号 6600

価格1,728円(本体価格:1,600円)

[16ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

参鶏湯(サムゲタン)とは?参鶏湯は韓国を代表する滋養食。

サムゲタンは若鶏のお腹の中にもち米とニンニク、ナツメ、高麗人参を入れ、長時間水で煮たスープ料理(タン)で、高麗人参(サム)と鶏(ゲ)の合成語である。
参鶏湯の主な材料は高麗人参、もち米、ナツメ、ネギ、ニンニク、若鳥で、古くから韓国では夏の三伏に食べた料理で、代表的な滋養食である。
三伏に食べると、暑さを忘れ、悪い気を払い、陽の気を補い病を追い払えると考え、食べ始めた。
また、大切な娘婿が訪れた日には、「卵を産むめんどり」をつぶして水炊きを作ってもてなしたというが陽の気のあふれる鶏を食べて子供をたくさん産み、出世して欲しいと願う姑の心がこもっていた。
今は、元気がなかったり病後の回復時以外にも、一年中滋養食として食べている。

栄養豊富なサムゲタン

タンパク質と必須アミノ酸が豊富な鶏と、サポニンが含まれていて万能薬と呼ばれる高麗人参が主な材料のサムゲタンは、さっぱりした味で消化吸収も良く、疲労回復に効く。やわらかい鶏と高麗人参の香り、濃厚なうまみのあるスープまで一つの器に盛られた栄養豊富な商品。

さらにおいしくなりました。

参鶏湯(サムゲタン)は韓国を代表するスタミナ食品で、若鶏の内臓を取り除き、もち米・にんにくを若鶏の腹に詰め、高麗人参・なつめなどと一緒に煮込んだ料理です。
コラーゲンとたんぱく質がたっぷり含まれています。
特に韓国では夏の代表的なスタミナ料理として三伏の時期に食します。

お客様の声

お客様の声

三伏の時期

参鶏湯(サムゲタン)の写真

日本では土用の丑の日にうなぎを食べるように、韓国では初伏・中伏・末伏を合わせて「三伏」といい、この時期に参鶏湯を食べる習慣があります。
2020年三伏は7/16(木)、7/26(日)、8/15(土)です。

参鶏湯(サムゲタン)の料理方法

参鶏湯(サムゲタン)の料理方法:鍋に移しての調理の場合 1.袋の封を切り、中身を鍋に移します。 2.中火で約15分十分に煮込みます。

参鶏湯(サムゲタン)の料理方法:電子レンジ調理の場合 1.袋の封を切り、中身を電子レンジ専用器に移します。 2.ラップをかけて温めます。 ※調理時間は、目安です。機種により異なります。

参鶏湯(サムゲタン)の料理方法:お湯で温める場合 1.沸騰したお湯に袋ごと入れ、約20分茹でます。 2.袋の封を切り、中身を容器に移します。 ※袋が熱くなっています。やけどにご注意ください。 ※具財が大きい為、汁が飛び散る場合がありますのでご注意ください。